ポンジュースの秘密

ポンジュースおいしさの秘密

昭和27年
(1952年)

『ポンジュース』のネーミングは昭和27年から存在した!!

『ポンジュース』という名称の商品は昭和27年から発売していましたが、 当時販売されていたのは、200mlのビン容器入りの商品で果汁100%飲料ではありませんでした。
※この当時は果汁100%飲料に限らず、低果汁飲料でもジュースと呼んでいました。

昭和44年
(1969年)

果汁100%ジュース『ポンジュース』誕生!!

口が細く胴が水滴型にふくらんだ1Lビンに入ったポンジュースが発売され、 全国に先がけて発売された天然果汁100%飲料として大好評を博しました。

昭和50年代
(1975年代)
冷蔵庫のドアポケットに入れやすいようにスマートな形、胴径のビンに移行しました。
昭和58年
(1983年)

ポンジュースの味に変化が!!

お客様のニーズに応え、(*1)ジュースの酸味を抑えた『ソフトタイプ』のポンジュースを発売。
それをアピールするためにラベルには「ソフト」の文字が大きく入りました。
この時からラベルの色調が「赤」「白」「緑」のイタリアンカラーになり、現在でもポンジュースといえばこのデザインを思い浮かべて頂けるまでになりました。
(*1)イオン交換樹脂を用いて果汁が持つ過度の酸味(クエン酸)だけを取り除く、減酸処理技術を開発。
その技術を用いて、昭和58年から「ソフトタイプ」のポンジュースを発売しました。

昭和60年
(1985年)
ボトル胴部にくびれ(くぼみ)の入った広口ビンに大きくボトルをチェンジし、再使用できるキャップを使用しました。
平成7年
(1995年)
注ぎやすさと持ちやすさを考慮し、ビンの口と胴部のくぼみに改良を加え軽量化も実現しました。
平成10年
(1998年)
ビン容器は保存容器として非常に優れていますが、割れやすさと重さという欠点があるためそれをカバーする保存容器としてペットボトルを採用し、発売当初はビンタイプとの併売をしていました。(現在はペットボトルのみの販売)
平成18年
(2006年)
1Lペットボトルは酸素バリアボトルを採用し、作りたての美味しさや果汁が持つ栄養成分をより長く保ったまま、お客様のもとにお届けできるようになりました。(※酸素バリアボトルの詳細はこちら
平成21年
(2009年)
『ポンジュース生誕40周年』を記念して、500ml、1Lペットともに「40周年ラベル」に変更。